会の趣旨


『世界中から食べたいものがいつでも好きなだけ安く買える』
この魅力的な言葉に消費者が酔っているうちに、日本の農産物、水産物、林産物は輸入品に負け、次々に姿を消していきました。

『豊かな食卓』
こんな華やかな言葉とは裏腹に、食卓には食品添加物づけの金品や見た目ばかりのまがい物があふれています。

私たちは、こんな食生活はまちがっているし、また決して長続きするものではないと考えます。
しかし、これまで食生活と農業を変える希望をになってきた有機農業運動や産直運動は、今や輸入有機農産物との競争にさらされ、大きな転機を迎えています。
「安全な食べもの」や「顔の見える信頼関係」という今までの理念だけでは乗り切れない現実が迫っています。

こうしたなかで、私たちは「地場生産地場消費」という言葉をもう一度見直し、地域の自然環境と生産者の生活を守る食生活を作り出す手がかりにしようと思います。

きたるべき21世紀は食料不足と環境危機の時代だといわれています。
その時の食生活は地産地消を基本としたものになるはずです。
地産地消は未来の食生活の基本となる考え方です。

「地産地消を進める会」は、以上の認識に基づいて、地域の資源、地域の生産者、地域の価値観を活かし、環境を守り、健康を高める食べものを、地域の中で作り、分かち合い、食べていくための、生産・流通・消費の仕組み作りを考え、実現していくための会です。

 

地産地消を進める会は1996年7月20日に秋田県秋田市で設立されました。
その時採択された設立趣旨全文です。
Powered by WordPress | Brand New Cheap Sprint Phones for Sale. | Thanks to Palm Pre Blog, MMORPG Wallpapers and Homes For Sale