男鹿防災フォーラム

暖かくなったりまた冷え込んだり、ずいぶんと気温の差が激しい日が続きますね。
さて、会から災害に強い男鹿の地域づくり協議会主催「男鹿防災フォーラム~災害に強いくらしと地域を考える~」のお知らせをいたします。
なお、地産地消を進める会では、新しい公共支援事業の一環として、この協議会に参加しております。

秋田県男鹿市には、かつての災害経験による防災の知恵が今なお伝統文化として生きています。
しかし、近年の「手軽で便利な時代」の流れの中、この経験が失われる可能性が指摘されています。
災害に強い男鹿の地域づくり協議会では、この防災の知恵を現代に適合する新たな防災活動として再デザインし、地域へ普及することを目指しています。

このフォーラムでは、メンバーの調査した過去の災害の記憶や防災の知恵、自給的くらしの伝統文化をお伝えするとともに、近い将来、男鹿半島に影響を与える可能性がある災害について、研究者からお話をしていただきます。
(男鹿防災フォーラムチラシより)

2011年3月の東日本大震災から、私たちは常日頃の防災についてより真摯に考えることが増えたかと思います。
このフォーラムを通じ、皆様の防災意識に新たな視点をお伝えできれば幸いです。

日時 2012年2月5日(日)

開場 9:00 終了 15:00(予定)

参加費 500円(非常食の試食代)

会場 男鹿市ハートピア(男鹿市市民ふれあいプラザ)

〒010-0511 秋田県男鹿市船川港船川外ケ沢126−16


大きな地図で見る

【プログラム】
基調講演:「自給自立の半島づくり」 渋澤寿一氏
基調報告:「ジオパークから見た男鹿の津波」 白石建雄氏
       「男鹿半島と災害」 松富 英雄氏
昼食:「いろいろおためし!保存食ごはんビュッフェ」(参加費500円)
災害の語部に聞く「男鹿地震と日本海中部地震」
座談会「災害に強いくらしと地域を考える」

【申し込み・問い合わせ】
「災害に強い男鹿の地域づくり協議会」
電話/FAX 018-816-0610 / 018-816-0611

【資料(PDFファイル)】
男鹿防災フォーラムチラシ・参加申込書

You can leave a response, or trackback from your own site.

コメントをどうぞ

Powered by WordPress | Brand New Cheap Sprint Phones for Sale. | Thanks to Palm Pre Blog, MMORPG Wallpapers and Homes For Sale