地産地消の料理教室 2009

お米を粒でたべる?粉で食べる?
10月17日(土) 10時~12時
由利本荘市勤労青少年ホーム
参加費1200円
講師 斉藤良子さん
助手 会員有志、事務局
・あきたこまち ごパン
・ライスピザ
・カラメルりんごの米粉ケーキ

新型インフル流行中のため手洗い消毒、マスクを準備。2時間で3品ともオーブンを使うため、7台のオーブンをフル稼働していかに時間内に収めるかがカギでした。そのために講師さんは、使い慣れない会場のオーブンをマスターし、確実にパンが発酵するよう何度も試作をかさね、酵母メーカーの東京での講習会にも参加して本番に備えました。また、1次発酵まで済ませた生地を人数分持参し、会場では2次発酵から始めました。
こうした打ち合わせと工夫で時間内に無事終えることができまして講師の斉藤さんの努力に心から感謝いたします。
出来上がった料理はその場で試食しても、持ち帰ってもよしということでしたが、ほとんどの方が熱々のピザを”これはとても簡単でおいしい、早速つくりたい”とほおばっていました。
最後に希望者でパンの手こねから1次発酵までの実演を学んで終了。
今、時代は米粉ブーム、でも粉にすると手間がかかる分、小麦と比べたらやや高い、それでも工夫して粒(ごはん)で食べたら、身近で簡単でいつでもたくさん消費できます。
今回は米粉だけではなく、粒というか、毎日炊くご飯にも活躍の場があることを認識してもらえたと思います。
お米を、ご飯を、米粉をもっともっと食べましょう!!

報告 高原

あきたこまち ごパン ライスピザ 西目産紅玉カラメルりんごの米粉ケーキ
Powered by WordPress | Brand New Cheap Sprint Phones for Sale. | Thanks to Palm Pre Blog, MMORPG Wallpapers and Homes For Sale