あきた産デーフェア ~初夏の地産地消~ 2008

6月14日(土)にあきた産デーフェアが開催されました。緑の風さわやかな天候の下、県内各地から27団体36ブースの出展がありました。
 今回の実演は「いそうら直売会」(悠紀の国五城目)の「みずたたき」でした。大きなすり鉢や山椒の木でできた立派なすりこぎをリズミカルに使いこなし、初夏の味を作っていただきました。「みずたたき」は、ゆでる→叩く→細かく刻む→すり潰す、と手間と労力のかかる料理ですが、できあがったものは山椒の香りあふれ、300食以上用意した試食はあっという間になくなりました。また、となりに併設された「いそうら直売会」のブースではみずや山椒が飛ぶように売れました。「昔、母がよく作ってくれたよ」とか「山椒の代わりに、うちでは生姜や山ワサビをいれるよ」などと道行く人々が話してくれました。
 また今回は、初めての試みとしてオークションを行いました。各出展者からおすすめの商品を寄付していただき、集まった63の品々を参加者から競り落としてもらうというイベントです。最初は人もまばらでしたが、途中から人だかりができ、みなさんはお目当ての商品が希望値に下がるまでハラハラしながら参加していました。おかげさまで商品は完売し、オークションは成功裏に終了することができました。
 次回のあきた産デーフェアは、「夏野菜の収穫祭」と銘打って、7月19日(土)に開催します。実演ブースではあきたベジフルコミュニティが夏野菜を使った料理の紹介をする予定です。どうぞおいで下さい。

みずを叩いている様子 叩いたみずを細かく刻む
山椒の実をすり潰す 山椒に味噌とみずを混ぜて更にするとできあがり。
Powered by WordPress | Brand New Cheap Sprint Phones for Sale. | Thanks to Palm Pre Blog, MMORPG Wallpapers and Homes For Sale