あきた産デーフェア開催のお知らせ

だんだんと「暑い!」と感じる日が増えてきましたね!
薄着や半袖が活躍する時期が近づいて参りました。

本格的な夏を迎える前に、しっかりと食べて暑さに負けない体づくりをしましょうね!

「あきた産デーフェア~初夏の地産地消~」
日時 6月16日(土) 午前9時半~午後4時
場所 秋田駅西口 ぽぽろーど大屋根下

県内各地から旬の農産物、さまざまな加工品をご用意してお待ちしております。
また、旬の食材を使った実演・試食も行いますので、どうぞお楽しみに!

あきた産デーフェア~新緑の地産地消~

5月19日、今年最初の産デーフェアが開催されました!
雨の中の朝取りの山菜、県内各地から自慢の品々がずらっと大屋根下に並びました。
あいにく前日からの大雨を引きずって寒い一日でしたが、それでも正午頃を境にして天気が少しずつ回復するに従って、人通りも増え、足を止めて下さるお客様も増えていきました。

 

 

 

実演ブースでは「春野菜をおいしく食べよう!~2種類の野菜ディップで~」と題して、新じゃが・新たまねぎで作った2種類のディップを紹介。
午前・午後と二度試食の時間を設け、道を行く方々に試食していただきました。
「おいしい」「簡単に作れるんだね!」と、大変好評でした。
寒い中足を止めていただいた皆様、本当にありがとうございました。

 
 
 

次回の産デーフェアの開催は、6月16日(土)になります。
どうぞ皆様お誘い合わせの上、遊びにいらして下さいね!

 

この度の大雨では、床上浸水や田んぼ、畑が水に浸かってしまったという方もいらっしゃるとのこと。
この場を借りてお見舞い申し上げます。

産デーフェアのお知らせ

今年度の産デーフェアのチラシと、5月19日開催の産デーフェアへの出展者一覧(配置図)ができました!

画像ファイル(PNG)・PDFファイルになっておりますので、必要な方をどうぞお持ち下さい。

【画像ファイル】
産デーフェアチラシ
5月19日開催・産デーフェア出展者一覧(配置図)

【PDFファイル】
産デーフェアチラシ
5月19日開催・産デーフェア出展者一覧(配置図)

あきた産デーフェア開催のお知らせ

ようやく暖かいと感じる日が増えてきました。
晴れた日には新緑がきらきらと眩しく感じますね!

暖かな日差しとともに、今年も産デーフェアが開催される時期がやってまいりました!

「あきた産デーフェア~新緑の地産地消~」
日時 5月19日(土) 午前9時半~午後4時
場所 秋田駅西口 ぽぽろーど大屋根下

今年もまた秋田の各地から、旬のおいしいものをたくさんお届けいたします♪
皆様のお越しをお待ちしています!

2018年度 産デーフェアのお知らせ

今年のゴールデンウィークは皆様いかがお過ごしでしたでしょうか。
暖かい日と寒い日が交互にやってきて、なかなか調節が難しいですね。

さて、今年も産デーフェアの開催日が決定いたしましたことをお伝えします!

今年の開催日は、
5月19日(土)、6月16日(土)、7月14日(土)、9月15日(土)
となっております。

また10月13日(土)、14(日)は、I love 秋田産応援フェスタと共催の予定です。

いずれも開催時間は午前9時半~午後4時となります。
開催場所は秋田駅西口 ぽぽろーど大屋根下になります。

今年も産デーフェアへどうぞお越し下さい!
お待ちしております!

秋田産デーフェア セリオンの秋祭りのお知らせ

今年度、初めての取り組みとして、道の駅あきたポートタワーセリオンにて
秋田産デーフェアを実施します!

「秋田産デーフェア ~セリオンの秋祭り~」
実施日:10/28(土)9:30~15:30
場 所:道の駅あきたポートタワーセリオン

皆さまお誘い合わせの上、遊びにいらしてくださいね♪
お待ちしております!!

秋田産デーフェア in I LOVE 秋田県産応援フェスタ

10月14日(土)・15日(日)の2日間、
秋田駅前にて、
「I LOVE 秋田産応援フェスタ
+めざせ健康寿命日本一!応援フェア」
が開催されます!

秋田県全域から、たくさんの美味しい物がやってくるほか、
アゴラ広場でのステージイベントや農産物が当たるスタンプラリー等も
楽しめる2日間になります♪

あきた産デーフェア出展者協議会は、
ぽぽろーど大屋根下にて皆様をお待ちしています!

食欲の秋、今回も皆様にたくさんの“んめもの”をお届けしますので、どうぞ遊びに来て下さいね♪

両日とも、10:00~16:00の開催になります!

地産地消を進める会 設立20周年記念出版のお知らせ

「『チサンチショウ』ってどう書くんですか?」と言われた20年前、「地元でとれるいいものを地元で食べよう」をスローガンに掲げ、約30名の仲間とともに「地産地消を進める会」を立ち上げました。

全国の地産地消ブームの火付け役となったあと、「食と農のNPO」の道をめざして、秋田オリジナルの食と農をつなぐ仕組みづくりを続けてきました。

20年にわたる秋田発の地産地消運動の歩みを読みやすい物語としてまとめました。

ぜひお読みください。

2017年度 産デーフェアのお知らせ

今年も産デーフェアの開催日が決定いたしましたことをお伝えします!

今年の開催日は、
5月20日(土)、6月17日(土)、7月15日(土)、9月23日(土)

となっております。

いずれも開催時間は午前9時半~午後4時となります。
開催場所は秋田駅西口 ぽぽろーど大屋根下になります。

今年も元気いっぱい、笑顔いっぱいに皆様のお越しをお待ちしています!
どうぞ、遊びにいらして下さいね!

地球研との連携セミナーを開催します。

秋田もついに雪が降り、うっすらとした雪化粧の冬景色が広がっていますね。

さて、地産地消を進める会は今年、京都にある総合地球環境学研究所と連携し、NPO法人常盤ときめき隊と一緒に能代をフィールドとした新しい共同研究を行っています。

この研究では、現在の大量生産大量消費経済や社会のしくみは長続きせず、いつか破綻してしまうのではないかと考えています。
つまり、今の社会のしくみは「持続可能ではない」「長くは続かない」のです。
今までもそういった流れを変えようと、企業や公的機関、さまざまな立場の人たちがさまざまな対策をしましたが、これまでの流れは変わることはありませんでした。

いったいどうしたら「持続可能」な社会のしくみに変えていけるのでしょうか。

私たちはその答えの一端を「トランジション」にあると考えました。
「トランジション」とは、ある状態から別の状態に「転換すること」を意味します。
ヨーロッパなどでは広く研究が進められている分野ですが、日本ではまだまだ研究が進んでいない分野です。

「トランジション」とは何か「トランジション」が起きれば、いったいどんな未来が待っているのかどうすれば「トランジション」を起こせるのか

これまで能代で行ってきたワークショップの結果をもとに、まずは30年後の未来について考えてみたいと思います。
地域のために活動をしていても、なかなか現状を打破できないとお考えの方、新しい未来のビジョンを考えてみたい方、そして自分の子どもや孫のために何かを残したいと考えている方、未来のために今何ができるかを一緒に考えていきましょう!

*****

【開催日時】
2016.12.5(月)
14:00~17:00

【プログラム】
1.講演「食で私たちはつながる -市民の力でトランジションを起こすには-」
マックグリービー・スティーブン(総合地球環境学研究所 准教授)

2.講演「能代の食の未来像を描く ~トランジション・ワークショップの報告~」
谷口吉光(秋田県立大学 教授)

3.ワークショップ「明日のごはんを考えよう」
※今回の研究でつながっている京都、長野、秋田のお漬け物を食べながら語り合いをします。

【会場】
能代市 プラザ都・瑞雲の間

【申込み】
下記資料の申込書に必要事項を記入の上、メールまたはFAXでお申込下さい。
なお、締切は11月25日となっておりますが、30日まで延期いたします。

<資料>
第17回地球研地域連携セミナー能代チラシ ※PDFファイル

Powered by WordPress | Brand New Cheap Sprint Phones for Sale. | Thanks to Palm Pre Blog, MMORPG Wallpapers and Homes For Sale